うつ病には、ゾロフトやパキシルが効果的なその理由をご紹介します。

うつに効くクスリ

うつ病に効くと言われている薬は三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRIやSNRI、NaSSAや抗不安薬、抗精神病薬などがあります。
うつ病の原因と考えられている脳の神経伝達物質である、セロトニンやノルアドレナリンに作用します。
作用が最も強いと言われているのが一番最初に作られた三環系抗うつ薬ですが、副作用も強く、現在ではあまり使用されていません。
使用機会が増えているのがSSRIと言われる選択的セロトニン再取り込み阻害薬というクスリです。
SSRIにはゾロフトやパキシルなどがあります。
セロトニンが脳内で再取り込みされる事を防ぎ、セロトニンの濃度を高めることで、神経伝達を良くし、うつ病の症状を改善してくれます。
脳内のセロトニンにのみ作用するので、安全性も高く、他のクスリに比べて使用しやすいクスリとなっています。
抗うつ剤以外にも抗不安薬なども有効であり、デパス(エチゾラム)というクスリがあります。
うつ病の初期症状として強い不安感が出ることが多く、ほとんどの場合、不安感を取り除くことから治療を開始します。
緊張や強い不安感を緩和する効果があり、気持ち落ち着かせて身体をリラックスさせれる効果があります。
チエノジアゼピン系のクスリですが、ベンゾジアゼピン系の作用も持ってるので、睡眠導入剤として使用される事もあり、入眠障害の方が使用します。
他にも筋弛緩の効果もあるので、腰痛、肩こり、けいれん性の疾患にも効果を示します。
非常に便利なクスリであり、多くのジェネリック医薬品も登場していますが、副作用には注意が必要であり、中でも依存症には注意が必要です。
デパスは半減期も6時間程度であり短く、作用も強いため服用量や期間が長くなってしまい依存症になることもあるので服用は指示に従って服用するようにしてください。
うつ病の症状も人によって異なりますので、ゾロフトやパキシルなど症状にあった抗うつ剤を使用するようにしてください。

【購入はこちら】
 デパス(エチゾラム)の通販サイト|お薬なび

Pick UP
うつ病だと思ったら…
うつ病だと思ったら…

うつ病っぽいな、と思ったり、周りにうつ病の症状だと思われる人がいたら、どのような対応をすれば良いのか。ゾロフトやパキシルというような医薬品があり…