うつ病には、ゾロフトやパキシルが効果的なその理由をご紹介します。

抗不安薬と抗うつ剤SSRI

デパスとは抗不安薬であり、万能薬としてしられ、多くの科で処方されることが多い薬とされています。
うつ病の初期の症状として多く見られるのが強い不安感であり、この薬を使い不安感や緊張感を和らげ身体をリラックスさせることができるようになります。
万能薬としてしられる理由は、心身症や統合失調症などの精神疾患にも効果があり、他にも睡眠導入剤としての効果もあります。
これはデパスがチエノジアゼピン系に属する薬であるが、同時にベンゾジアゼピン系の作用も持っているためです。
また筋弛緩効果もあり、痙攣(けいれん)性の症状や首や肩のこり、腰痛などにも効果を示します。
純国産の薬ということもあり、信頼度が高い薬となっています。
しかし、万能薬にもデメリットがあり、危険な副作用の中には依存症が含まれています。
ベンゾジアゼピン系の薬は依存症を引き起こしやすいと言われており、この薬は作用も強く、しっかりとした効果を得れるものの半減期が短く6時間ほどとなっており、短時間型の薬となるので持続力が低いので服用回数が増えてしまいがちになります。
また長期間の使用によって効果を示さなくなってくるので、服用量が自然と増えてしまいがちになります。
こうした理由から依存症を引き起こしやすくなり、急な断薬をしてしまうと離脱症状を起してしまうようになります。
決められた服用方法で服用を行い、薬を止める場合には徐々に服用量を減らしていくことで、依存症を回避することができます。
うつ病の治療薬には他にもあり比較的安全性の高いと言われているSSRIに分類される薬があります。
SSRIとは選択的セロトニン再取り込み阻害薬であり、脳内の神経伝達物質であるセロトニンにのみ作用するので安全性が高いとされています。
パキシルやジェイゾロフトという薬があり、パキシルの方が作用が強いので、作用が強いのが苦手な場合や時間をかけてゆっくりと治療を行いたい場合にはジェイゾロフトがお勧めです。
使い方を間違えると思わぬ症状により治癒させたい病気の悪化の原因にも繋がってしまうので服用には十分注意するようにしてください。

Pick UP
うつ病だと思ったら…
うつ病だと思ったら…

うつ病っぽいな、と思ったり、周りにうつ病の症状だと思われる人がいたら、どのような対応をすれば良いのか。ゾロフトやパキシルというような医薬品があり…